風俗の歴史を知ろう

>

風俗の今とこれから

風俗の今

1985年に行政による風俗への取り締まりが厳しくなったことで、店舗数が減りはしたものの、ソープ街は今もなお健在で、名残を残しながら営業は確かに続いています。
今現在は、風俗で働く理由としては、単純に生活のためや将来の夢のための資金稼ぎとして働いているという女性が増えてきています。

風俗では手っ取り早くお金を手に入れることができるので、様々な勤務時間のなかで自分の本業に合わせながら働いています。
基本的に風俗は副業として働いており、一昔前の贅沢のくらしがしたいから、という理由で働く人はごく少数です。

性に対する考え方も柔軟性が増したことで、風俗業界に対する理解が得られるようになってきたと言われています。

これから

では、これからの風俗業界はどのように発展していくのでしょうか?
進化の目まぐるしい現在ですが、性的サービスの最近の事情としては、様々なプレイが増えてきました。
これは、時代とともに性癖も多様化しているからだと考えられます。

例えば、色々な職業の制服をきてその職業に扮して行うコスプレや、SMスタイルがあります。
SMスタイルも、ソフトなものから、ハードなものまでよりお客さんの要望に応えられるシステムが整えられています。

デリヘルも、プレイ内容を事細かに選択できるようになっており、その選択したプレイによってサービスを受けられる時間も変わってきました。
かかる費用も、サービスの細分化によって低価格になり、お手軽に楽しめるようになりました。


Share!
TOPへ戻る