風俗の歴史を知ろう

>

男性が風俗に求めるものとは?

江戸時代

風俗の始まりは江戸時代。
たくさんのランク付けされた遊女がいる遊郭が存在していました。
そこにいる遊女は家の都合で売られた者たちでした。
元々は男性が恋愛を学ぶところだったそうです。
そのため、遊女の都合が合わなければ会ってもらえないことも多々あったそうです。
しかし江戸時代の後半に遊郭で大火災が発生し消滅してしまいました。
その後、女郎屋を営んでいた男がいて、江戸幕府に性欲を満たす場所として認めてもらったことでビジネスとしての風俗が誕生したといわれています。
幕府から場所を定められ、そこで外国の要人を接待することで、幕府からは報酬を受け取るようになっていきます。
このようにして風俗はビジネスになっていったのです。

風俗の種類

突然ですが、ここで風俗の種類を確認しましょう。
種類を挙げていくとRAA、パンパン、オンリー、赤線、トルコ風呂、ピンクサロン、ノーパン喫茶、ノーパンしゃぶしゃぶ、愛人バンク、マントル、ホテトル、性感エステ、SMクラブがあります。
あなたはいくつどういうものかわかるでしょうか?
今回はトルコ風呂にとノーパン喫茶について説明していきたいと思います。
トルコ風呂とは元々はトルコなどの中東にある大浴場をモデルとした個室付き特殊浴場です。
トルコから来た留学生たちにより名前がソープランドに変えられました。

次にノーパン喫茶ですが、エプロンの下がノーパンで接客をするもので、似ているものとしてはノーパンしゃぶしゃぶなどがあります。
この辺は風俗と飲食店の境目であるがゆえにちょっとした事件にもなりました。


Share!
TOPへ戻る