風俗業界の成り立ちと歴史

風俗の歴史を知ろう

男性が風俗に求めるものとは?

日本の風俗の種類は非常に多く、風俗大国とさえ言えます。 今あるソープランドやファッションヘルスなどは一体いつ誕生し、発展してきたのでしょうか? 最初から今の形態だったわけではありません。 まずは、風俗の一番最初のはじまりと、種類について説明していきます。

ビジネスとしての風俗

時は明治、昭和時代の風俗について見ていきます。 このあたりから風俗は徐々に姿をかえ、ビジネス的な一面が顔を出し始めます。 サービスの内容や利用できる階級なども変わり始めます。 富裕層しか楽しめなかったものが一般市民も楽しめるようになり始めました。 他にはどのように変化していったのでしょうか?

風俗の今とこれから

さて、最後は今現在の風俗の形と、これから風俗がどうあるべきかについての記事です。 ただ何となく利用している風俗も、今までの歴史が積み重なって、とめどなく変化し続けて、今の形になったのです。 最後は、今現在の風俗嬢の内部事情をちらっと紹介します。

風俗業界の所以

今回は風俗の歴史を徐々に紐解いていきますが、風俗の歴史は古く、江戸時代から始まります。
こんなに長い歴史を持つ風俗ですが、何事も続くものにはそれなりに魅力があるものです。
男性が風俗に求めるものとは一体何なのでしょうか?
こんなにも長く人気がある風俗の魅力とは一体何なのでしょうか?
歴史を知る前に少しそのあたりを知っておきましょう。

一般的に女性は男性が性処理のためだけに風俗に通っていると思いがちですが、実は男性が風俗に求めるものは性処理だけではないのです。

よく、彼女や妻がいるのなぜ風俗にいくのか、と怒る女性がいます。
確かに、パートナーとの性行為に飽きて通う方もいますが、必ずしも男性はパートナーに満足できないから風俗に行くわけはありません。
セックスというものは一般的に男性が女性を気持ちよくさせなければいけないという考えが根強くあります。
実はその考えが男性を悩ませる元だったりします。
この固定観念により、多くの男性は知らず知らずのうちにプレッシャーを感じています。
それを解放できる場所が風俗なのです。
また、女性と違い男性はぶっちゃけ相手や手段は何でもいい的な側面があるのです。
そういうわけで、どうせ性処理をするのであれば今ある様々な方法で性処理をしてみたいと思うのでしょう。
そこの好奇心はいくつになっても旺盛なわけです。
そして、そこの好奇心のおかげで風俗店は長い時を経て形態や姿を変えてきたのでしょう。

TOPへ戻る